TANAKA AKIHIRO Weblog & Schedule

MENU

いっぺんに来るから



京都で串カツ!!

自分が何頼んだか忘れた。。。笑

三ノ宮にて。

神戸三ノ宮にて、フィンガーピッカーの伍々慧くんのフリーライブを偶然にも観ることができました。

それも元々は、元町のアップルギターズさんに用事があって、

用事を終えてお昼を食べて、Loftに向かおうと商店街を歩いていたら偶然、三浦新吾さん (DEPAPEPEの三浦拓也さんのお父さん) とばったり会って、

三浦さんが偶然、伍々くんのフリーライブを三ノ宮の地下街で見かけたのを教えてくださって、

これは行かなー!とインフォメーションのお姉さんに場所を聞いてみたら、これから2回目が始まりますよ〜ってな流れで、



観ることができました。。。( ´ ▽ ` )


ライブも楽しかった。流れるようなスムーズな演奏。伍々くんはメロディラインが綺麗でテクニックも凄いな〜と思います。

それにしても、今日は妖怪アンテナがバリ3の日でした。
ギタリストのネットワークがSNSを超えた瞬間です(笑)

本選出場決定しました!!

ポーランドのギターコンテスト『Guitar Masters 2016』のROUND1の結果が発表されました。


ROUND2、ポーランドでの本選出場が決定しました!!!! 

応援してくれたみなさん、ありがとう!!!

http://competition.guitarmasters.pl/en/List-of-participants-IIRound-GM2016

あー〜〜、どきどきした。。そしてほっとした。。そして新しいやる気が湧いてきました。



こうなったら、行くところまでいきたい。

目標をセットして、あとは毎日を一生懸命、楽しんで打ち込んでいきたいと思います。


Guitar Masters 2016

昨日の京都アウノウンパーラーでのソロライブ、お越しくださったみなさんありがとうございました!


久しぶりのブログになってしまいましたが、いかがお過ごしでしたか?

僕の方は、ここ最近寝ても覚めてもポーランドのことばかり考えてしまって、ついには夜も眠れない日々を過ごしておりました。
6年前に行ったアメリカとはまた全然違ったテーマを、いま自分は越えないといけない時がきていました。


でも 昨日のライブ、本当にやって良かった。
ポーランドの本選出場の結果は 8月31日に発表になるんで、言ったらまだ何も決まってはいないんですが、勝手に妄想して色々悩んだり考えたりする中で、成長できたことが確実にあったなぁと思っています。


目的や目標があるって、とってもいいことで。そこに向かうモチベーションが生まれたり、それで見えてくる変えなきゃいけない自分を知ったり。


でも目標ができたら、ある程度忘れないと駄目なんですね。もっと今のこと、この瞬間のことに集中しないと。
『目的地まであと何キロ』ばっかり気になって悩んでいた気がします。『今を踊るように生きて、気がつけばここまで来ていた』そんな風に過ごせたら、どんな結果も受け入れられるんかな。




Guitar Masters 2016のROUND1は、クラシック部門とフィンガースタイル部門合わせて209人、世界中46か国からのエントリーになりました。

http://competition.guitarmasters.pl

11月15日にポーランドで行われる本選、ライブ審査のROUND2には、フィンガースタイル部門では審査員に選ばれた12人〜18人、YouTube投票で選ばれた1人を合わせたギタリストたちが出場することになっています。


そこに向かう出来事のすべてが、ギターを持った僕の『旅』です。


こんなチャンスを得られたことに感謝しながら、あさっての結果発表を心待ちにしているところです。

『押尾コータローの押しても弾いても』

MBSラジオ『押尾コータローの押しても弾いても』オンエアになりました♫

聴いてもらえましたか???

6年振りの『押し弾き』出演、押尾さんとたくさん喋れて弾けて、嬉しかった〜。。

『Birthday』も事前に渡すことができて、『いい音。前作からの6年分の嬉しさが詰まってるね』と言ってもらえて、胸あつくなりました。


押尾さんとのセッションでは、押尾さんのオリジナル『日曜日のビール』をガットギターと押尾さんのタコマのミニギター“パプース” で♫

可愛い出だしから、途中はセッションならでは?のアドリブ満載の『ビールでへべれけ』バージョンとなりましたヽ(´▽`;


まさか押尾さんと、ギターで漫才のようなボケとツッコミができる日が来るとは。。笑

またいろんなところで一緒に共演させてもらえる機会があったら嬉しいです。楽しかったなぁ〜〜。


押尾コータローさん、南かおりさん、MBSスタッフのみなさん、ありがとうございました!!


◎ ラジオ出演のお知らせ ◎

明日、7月4日の23:30〜 押尾コータローさんのラジオ番組
『押尾コータローの押しても弾いても』ゲスト出演のオンエアです♫

トークあり、セッションあり♫ お楽しみに!ヾ(@⌒ー⌒@)ノ


MBSラジオ『押尾コータローの押しても弾いても』
http://www.mbs1179.com/oshio/sp/

◎ ライブスケジュール更新 ◎

7月のライブスケジュールを更新しました。

梅田グラナダでのアンプラグドライブに、北海道ツアー、

INOBUN各店やヤマハミュージックでのインストアライブに、ゆったりアウノウンパーラー。


ライブ会場でお会いできるのを楽しみにしています!



・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・




7月6日・7日       梅田グラナダ

7月14日(木)   北海道むかわリキーズハウス

7月16日(土)   INOBUN 草津エイスクエア店

7月17日(日)   INOBUN 久御山店

7月18日(月・祝) INOBUN 高の原店

7月24日(日)   INOBUN イオンモール草津店

7月27日(水)   京都河原町五条アウノウンパーラー

7月30日(土)   ヤマハミュージック神戸店

7月31日(日)   NEO MART vintage style 京都北山





・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・


詳しいスケジュールは、Live Schedule のページまで。


『Guitar Masters 2016』オフィシャルYouTubeチャンネル

ポーランドの『Guitar Masters 2016』のオフィシャルYouTubeチャンネルには、

フィンガースタイルとクラシック部門、あわせて現在28名のギタリストの演奏がアップされています。

https://www.youtube.com/channel/UCv9H2t2QH7Go8aSwx6R5YMg/videos



フィンガースタイル部門、日本からは、Aki Miyoshiさんも!この地球には、こんなにたくさんの素晴らしいギタリストがいるのか!!!とびっくりします。



ぜひ『Guitar Masters 2016』のYouTubeチャンネルの全ギタリストの演奏をたっぷり楽しんで、僕だけじゃなく(僕ならなお嬉しいですが笑)、お気に入りの演奏に『いいね!』をつけてください。


そして、たくさんの人にこの『Guitar Masters 2016』っていうのがあるよー!面白そうだよー!すごいよー!とお知らせしてみてください。


それがこのフェスティバルの楽しみ方、ですよね!



僕も、ここに居ることを誇りに思って、僕の役を楽しみ尽くしたいと思います。


Guitar Masters 2016

今年は大きなチャレンジをします。


今年の11月、ポーランドで行われるフィンガースタイルギターの国際大会、



Guitar Masters 2016



にエントリーしました!!!!




この大会は10月から11月にかけてポーランドのヴロツワフで行われ、

11月のフィンガースタイル部門にはトミー・エマニュエルやマーティン・テイラーなどが審査員を、

10月のクラシックギター部門には日本から福田進一さんも審査員を務める、今までにない大きなフェスティバルです。




演奏動画でのエントリーは済んだのですが、ポーランドでの本選の前に


YouTubeでの一般投票


があるんです。演奏動画の『いいね!』の得票の優勝者はポーランドへの参加権が得られるとのこと。

僕は、オリジナル曲『君と夢の間の銀の翼』でエントリーしました。



https://www.youtube.com/watch?v=XTqOQPD7Sc4




演奏を、楽しんでもらえたらそれでいいんです。でも、


正直、



ぜひ『いいね!』してほしい。




まずは『Guitar Masters 2016』という新しいコンテストのことを知ってもらえたら、そしてそこに僕がエントリーしたことを知ってもらえたら。

そして、たくさんの人に応援してもらえたら、、最高です!






この『Guitar Masters 2016』がポーランドで行われるのを知って、とってもワクワクしました。

きっとアメリカから、ヨーロッパから、アジアから、まだ見たことのない素晴らしいギタリストに会えるはずです。


その様子は、DRAGON BALLにでてくる『天下一武道会』みたいな感じがして。。


優勝するとかしないとかではなく、僕がその世界のキャラクターなら、出ないわけにはいかないような、そこに向かうこと、それ自体がそのまま成長に繋がるような、そんな身震いがあったんです。




そしてもしポーランド行きが決まれば、あのトミー・エマニュエルに初めてちゃんと、自分の演奏を見てもらえる。そのこともモチベーションになりました。




6年前、アメリカのウィンフィールドのコンテストの審査はブラインドで、別室で音だけを審査したのに対して、

今回のポーランドの本選は、25分のライブ審査。パフォーマンスも含めて審査対象になるそうです。そこも面白いなーと思いました。




本選会場は、ポーランド・ヴロツワフの『NATIONAL FORUM OF MUSIC』。でかいっ!!

http://guitarmasters.pl/venue/




『Guitar Masters 2016』フェスティバルの開催期間は、様々なトップアーティストのコンサート、フラメンコのビセンテ・アミーゴまで登場して、、これだけでも2ヶ月ポーランドに居たい。

http://guitarmasters.pl/program-v2/





本選への結果はまだ先ですが、それまでエントリー動画をいろんな友人や仲間たちにお知らせして『いいね!』してもらえたら嬉しいです。応援よろしくお願いします!



Guitar Masters 2016 - Akihiro Tanaka /// FINGERSTYLE / ROUND 1

https://www.youtube.com/watch?v=XTqOQPD7Sc4

コップのフチのおそ松さん



買ってしまったッ・・・!!かわいいッ・・・!!

■ラジオ出演のお知らせ■

MBSラジオ『押尾コータローの押しても弾いても』の出演が決定しました!

オンエアは7月4日(月)、23:30〜24:00放送の予定です。

押尾コータローさんの番組は高校生の頃からのファンで、オンエアの日は部屋のラジオのアンテナを試行錯誤しながら毎週楽しみに聴いていました。

6年振りの出演、とっても嬉しいです。ぜひお楽しみに!僕も楽しみです〜!

MBSラジオ『押尾コータローの押しても弾いても』
http://www.mbs1179.com/oshio/sp/

ニューアルバム『Birthday』発売!



INOBUNとのコラボレーションアルバム『Birthday』、いよいよ発売になりました!

アルバムの一曲一曲、CDの盤面の色、ジャケットデザイン、添えた言葉のひとつひとつ、

手にしてくれた人の大切な時間に添えてもらえたら、本当に嬉しいなと思います。

29日、INOBUN四条本店でのライブにもたくさんの人が来てくれてありがとうございました。
また新しく何かがはじまるような、そんな『Birthday』を感じています。ステージで演奏することに、僕自身も癒された日でした。


HPでも、通販の受付の準備も整いました。

これからのライブでも『Birthday』に添えた言葉を音にして、ひとつひとつ大切に届けていきたいと思います。


ニューアルバム『Birthday』いよいよ!

お久しぶりです。

そしてお待たせしましたっ!!

田中彬博の新作、INOBUNとのコラボレーションアルバム『Birthday』がいよいよ発売になります!!!

いや〜〜、いよいよです。

アルバムのレコーディングをしてから2年。

スタジオでも、家でも何度も聴いて、この2年の間ライブでも何度も『Birthday』の曲たちを弾いてきました。

それでも変わらなかったのは、いつも新鮮な気持ちだったこと。
毎日『大切な』この曲たちを、僕はこれからも大切にしていくんだと思います。


『Birthday』---- 毎日の暮らしにある、ちいさな新しい気づき。自分が生まれかわるような、素敵なできごと。----

このタイトルで曲を作ってから、この2年の間に『Birthday』という言葉が僕にとって、とても大切な言葉にもなりました。


発売日は5月29日、INOBUN京都四条本店での202周年祭のインストアライブでリリース予定です。

その後も京都aunoun parlour、名古屋の源さんなどでもライブが決まっていますので、

待ちに待った新しいアルバムの “Birthday” をお祝いにきてください♫



・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・


2016年 5月29日(日) INOBUN京都四条本店
INOBUN202周年イベント INOBUN × 田中彬博『Birthday』発売記念ライブ

お待たせしました!田中彬博がINOBUNとコラボレーションした3枚目のソロアルバム『Birthday』がついに発売になります!
アルバムの発売記念のインストアライブを、INOBUNの202周年の記念イベントとあわせて四条本店で開催します。
待ちに待った新しいアルバム『Birthday』の誕生日を、お祝いにきてください♫

一部 start 13:00 二部 start 15:00 (各回40分程度) 入場無料

場所:INOBUN京都四条本店 4階

INOBUN HP http://www.inobun.co.jp


・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・


2016年 6月4日(土) 京都 河原町五条 aunoun parlour
『TANAKA AKIHIRO in aunoun parlour』

知ってしまった人ぞ知る、河原町五条アウノウンパーラーでのソロライブ。
ソファでゆったり、ギターの音色にくつろぐあたたかな時間をお楽しみください。

open 19:30 start 20:00 charge 3,000円 (1ドリンク付き)

場所:aunoun parlour (京都市 下京区河原町五条上がる 西橋詰町756-2 第2京芝ビル 4F)

ご予約・お問い合わせ Tel : 080-3873-2121 (岸本)

aunoun parlour HP http://aunoun.com/


・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・


2016年 6月13日(月) 名古屋 Art & Music Space 源
〜『Birthday』発売記念ライブ at 源〜

名古屋 Art & Music Space源さんでのソロライブ。ニューアルバム『Birthday』からもたっぷり演奏予定です!
アットホームな雰囲気で、ギターの音色をゆったりとお楽しみください♫


open 18:50 start 19:00
ticket 前売り 3,000円 / 当日 3,500円

場所:Art & Music Space 源 (名古屋市 千種区春岡 1-11-8)

ご予約・お問い合わせ Mail : live-gen@musical.to(源)

Art & Music Space 源 HP http://live-gen.musical.to/index.html

VIP気分で。



八尾行きのバスが 貸し切りだった♫ ピース☆

『晨』

13日のライブのリハーサル、八尾に向かう高速バスの中で、5年前の8月、
書家の木村翼沙さんとのライブパフォーマンスで書かれた字のことを思い出していました。

あの時の字は『晨(しん)』。
『地震』につかう『雨』冠の『震』ではなく、『日』冠の『晨』。“あした” という意味の漢字です。

ひとつのものごとに対してどう “ふるえる” かは、出来事それ自体が決めているわけではない。
『雨』冠なのか『日』冠なのかは、僕たちが自分で選ぶことができる。

あの日から5年がたって、もう一度この言葉を思い返していました。

動物園から美術館へ

寒いですがいい天気。

京都岡崎の動物園へ。トラやライオン、ゴリラやチンパンジー、キリンにカバにシマウマ。
特にここ岡崎のトラは見ていて飽きません。ライオンとは違ってなかなかサービス精神旺盛です。
(…なのか?本人はただヒマでうろうろしているだけかもしれない)

けど世界中のいろんな種類の動物を眺めているだけで、ぼーっとできるというか、
キリンってへんな柄…。キリンってへんな首…。キリンって角生えてるやん…(キリンのことばっかり) 普段とはぜんぜんちがう頭になって、なんだか癒されました。


動物園からの帰り、となりの京都国立近代美術館で志村ふくみさんの展覧会が開催されているのをたまたま知って観にいきました。
染織家の志村ふくみさんの作品は一度だけ着物の展覧会で目にしたことがあって、その作品に感動してエッセイも一冊買って読んだことがありました。

今回の『母衣(ぼろ)への回帰』という展覧会は、初期の作品から最新作までがまとめられていて、志村ふくみさんの作品の表現する「色」がシンプルに、ダイレクトに伝わってくる場でした。

昨年から今年にかけて作られた、通路の両側に一色ずつカラフルにずらっと並べられた着物、紡いだ糸を虹のスペクトル図のアート作品のように配置した装置は、鳥肌がたつくらい美しかった。その仕事を通じて何をしようとされているのかが、伝わってくるようでした。

宇宙の光を、地球上で形として紡ぐということ。昭和34年に初めて完成させた作品『秋霞』の横に添えてあった『貧しくとも、未経験でも、何かそれを陵駕するものがその人にのりうつったら人は仕事をする』はっとする一文でした。


キリンを『へんな柄やなぁ』と眺めて癒された気持ちと、この気持ち。どこか似ているようで、どこが似ているのか…。そんなことを考えながら帰ってきました。
3月21日までの開催期間中に、また動物園と美術館を往復して考えを深めたいと思います。


鞍馬であけましておめでとうございます

今年の節分も、鞍馬山へお参りして年越ししました。
あけまして、おめでとうございます。

いつものケーブルカーが改修工事で、久しぶりに歩いて本殿へ。。
。。あれ、鞍馬山ってこんなにキツかったっけ。。?も、もしやコレが、話に聞いていた30代。。‼︎‼︎⁉︎

みたいな。運動しないと、実際。
身体も、ギターをメンテナンスするみたいに大切にした方が、絶対得だなと思いました。

自分の身体も音楽も、楽器も人も友達も、ひとつひとつ大切にしていきたいなと思いながら下山しました。膝が完全に大爆笑してました。

帰り、由岐神社の焚き火が本当に暖かくて、火っていいな〜と思いました。冬の間はずっと焚き火にあたっていたい。。いや、運動です、運動。

弘法 筆をえらばず

ジプシーギタリストとして有名なBireli Lagrene(ビレリ・ラグレーン)、
2014年にスペインのバルセロナで行われたジャンゴ・フェスティバルでの演奏動画です。
あまりにも衝撃的、感動したので紹介します。

彼はもともとジャンゴ・ラインハルトと同じく、フランスのジプシー(ロマ民族)の出身で、
ジプシー・スウィングの名手としてだけではなく80年代からはジャズやフュージョンの世界でも活躍したギタリストです。

伝統的なジプシー・スウィングのギターを弾けば、その貫禄の音色は血の香りがするというか、他のスウィング・ギタリストとは一線を画す存在です。
最近ではまたエレキギターやジャズギターに持ち替えて、ジャンゴの音色とは違うモダンなフュージョンサウンドをバンドで演奏していたりもしていました。

ジャンゴのようなマキャフェリ・ギターを持てばジプシー・スウィング、
エレキギターやジャズギターを持てば、ロックやジャズ、フュージョン、、
音楽のジャンルやスタイル、そのサウンドは、持ったそのギターの種類によって多分に左右されて、
ビレリ・ラグレーンは、手にしたギターの種類にあわせて巧みに音楽ジャンルを弾き分けている。
音楽ジャンルが違えば、そのジャンルに適したギターが必要不可欠。


。。と、僕はそう思っていました。


この動画で演奏している曲は、ジャンゴ・ラインハルトの名曲『Minor Swing』。
弾いているギターは、もちろんジプシー・スウィングのマヌーシュ・ギターと思いきや、ヤマハの最新のパシフィカ。エレキギターです。

けれど聴こえてくるのはまぎれもなくあのジプシーの音色。見ていてあまりにもミスマッチに映るくらい、ジャンゴのスケールを駆使してアドリブを取っています。

そしてエレキギターで弾いていることがフレーズを自由にさせるのか、ときおり『エリーゼのために』などなどのクラシックのフレーズ、
後半は『ピーター・ガン』風のフレーズやベンチャーズの『Wipe Out』、マイナー調だったテーマまで明るいメジャー調にして、ブルース風のリフからチャック・ベリーの『Johnny B Goode』まで、ギャグのようなパロディを次々繰り出して客席を爆笑に持っていきます。ラストはおそらくザ・フーのピート・タウンゼントの真似です。
(ついには天に向かって十字架を切って『ジャンゴさん、ふざけたことをお許し下さい』みたいな仕草までしています笑)

これを見て知ったのは、あたりまえですが音楽はギターからではなく『その人』から出てくるということ、
あたりまえですが音楽は『どんなギターで弾くか』ではなく『どんなフレーズを弾くか』ということ。

音がその人から出てくれば、手にするギターはあんまり関係ない。
ビレリ・ラグレーンはその意味で本当の『ギタリスト』だーと感動したわけです。
『守・破・離』をこえて今はすべてを行き来しながら音楽で遊んでいる、そんな姿にとっても憧れるわけです。


https://www.youtube.com/watch?v=PuQ32aLe2TY&list=RDPuQ32aLe2TY#t=2

【Live】浜名医院 DENホール アンプラグドLive

来週末、30日(土)のライブのお知らせです。
半年振り2回目となる浜名医院さんでの “完全生音” のアンプラグドライブ。ぜひお楽しみに!



■2016年 1月30日(土) 尼崎 浜名医院 DENホール■

『田中彬博 アンプラグドLive in 浜名医院』


毎回、“生音”にこだわったアンプラグドを開催されている浜名医院でのソロライブ。
やさしいギターの音色に耳を傾ける、アットホームなライブをお楽しみください。



open 14:30 start 15:00 ticket  2,000円

場所:浜名外科医院内 2F DENホール
 (
尼崎市常光寺2丁目7-10)



ご予約・お問い合わせ  den-1833@nike.eonet.ne.jp まで
(お名前・人数・ご連絡先をお伝えください)


左から二番目が欲しくなっちゃった。



いつもお世話になっている梅田の三木楽器さんへ。
今日はギターの調整、、のついでに色々と試奏もさせてもらいました。

どれが何のギターか、分かってしまうあなたは僕と同じく、アレです。
変な人です。

× CLOSE

プロフィール

HN:
TANAKA AKIHIRO
性別:
男性
自己紹介:
ギタリストの田中彬博、及びアッキー。

忍者カウンター

× CLOSE

Copyright © TANAKA AKIHIRO Weblog & Schedule : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7